コピー機のリースと購入比較


実際にコピー機導入しようとすると、リースするのがいいのか、購入がいいのか迷います。リースは初期費用を抑えられますが、総支払額は購入よりも高くなります。またリースの場合は所有権がリース会社にあるため、減価償却や固定資産税の手続きが不要で事務処理が楽になります。つまりリースを適用する場合には、資金の状況やコピー機の利用方法がリースにマッチしていることを確認する必要があります

一つ目は資金繰りにあまり余裕がない場合です。特に起業前や創業直後は資金繰りが厳しい状況になりがちです。そのような状況下では少しでも大きなキャッシュアウトを回避したいものです。会社内のドキュメンテーションでの利用であれば中古の安いコピー機を購入する方法もありますが、商談用のプレゼン資料などを印刷するようなハイスペックなコピー機は高額になります。購入の場合はまとまった資金が必要です。こういった資金面での背景下においてリースの利用は効果があります。

二つ目は、長期的な利用かどうかです。リース契約のデメリットは途中解約できないことです。少なくとも5年間は支払いが続くので、途中で使わなくなり、他社・他人へ譲渡する場合は、リースではなくレンタルや購入などの方法を選択したほうが良いでしょう。

▼コピー機関連情報▼
http://www.oaland.jp/commerce/copy_lease/
└コピー機のリースを行っている「OAランド」のサイトです。