コピー機をリースするメリット


業務用のコピー機は、最近ではリースを利用するのが一般的となっています。リースをうまく活用することで、会社経営において重要なキャッシュフロー改善につなげることが可能です。リースを活用するメリットは大きく分けて2つあります。

一つ目はリース料金を経費扱いにすることができ、月々の支払額が定額なので、ランニングコストが把握しやすくなります。コピー機を購入すると、減価償却の手続きや固定資産税の支払いなどが発生し、事務手続きが面倒ですが、所有権がリース会社にあるためこのような手続きが不要になります。

二つ目は、初期導入費用が掛からない点です。購入の場合ある程度まとまった金額が一括でかかるため、現金が必要な時に購入すると経営を圧迫してしまいます。リースの場合定額のリース料のみに抑えられるため、その分会社の運転資金にすることができるメリットがあります。

コピー機のリースにはメリットがありますが、デメリットもあります。まず中途解約ができない点です。一度契約してしまうと解約ができないため、解約する場合は残金を一括で支払って強制的に契約を終わらせるしかありません。短期的な利用が目的であれば検討が必要です。次にリース料には、本体価格のほかに金利、税金、保険料、手数料等を含むため購入よりも支払総額が高くなります。リース料金の明細書を確認し、不明な項目がないか確認する必要があります。

最後に、リースの場合はリース会社の審査があります。当然、リース先の会社が倒産してしまってはリース会社が困るからです。コピー機の導入時に審査が通らないと業務に支障があるため、事前に与信審査を受けることをお勧めします。