保守契約の注意点


コピー機には必ず保守契約への加入が必要になります。代表的な保守契約としてカウンター保守契約キットトナー保守契約があります。保守契約の内容をあまり確認せずにトラブルになるケースがありますので注意が必要です。コピー機は精密機器であるため、設置場所の環境、頻度、紙の種類などが原因で故障したり紙詰まりが発生したりします。その都度、有償で修理依頼していては膨大内容がかかってしまいます。そのため修理費用を保守料金として支払い、修理・点検を無償で行うサービス契約が保守契約です。

保守契約で重要点は故障した時にどれだけ迅速に対応してもらえるかという点にあります。ビジネスシーンにおいてコピー機の使用頻度は高く、コピー機の不具合は珍しいものではありません。業務への影響を考慮すると、保守メンテナンスがいかに迅速に対応してもらえるかが重要です。契約時に保守メンテナンス費用が安いからと言ってトラブル時の対応が遅い場合がありますので注意が必要です。

保守契約の加入は、保守メンテナンス会社と直接行うのではなく、コピー機を販売している会社を通じて契約するのが一般的です。多くのコピー機を販売している会社は、自社で保守サービスを実施せずに外注業者に委託しています。つまり、保守メンテナンスの責任は修理や点検を実施する委託会社になります。